苫前町農業協同組合

商品開発にチャレンジ

苫前で獲れる農産物で地域の皆様に美味しく食していただける新たな可能性として、春播き小麦を使った商品開発にチャレンジしております。


とままえ潮風うどん

とままえ潮風うどんができるまで

春播き小麦

とままえ産の春播き小麦を使ったこだわりの手延べうどん「とままえ潮風うどん」。
こだわり過ぎた!? 厳選した原料と、国内最北端の手延べの里下川町の職人による製麺技術により、独特の腰と舌ざわりが楽しめます。
満足して頂ける一品となりました!

出会いは、初冬播きからでした!

初冬播きの作業風景(昨年は11月23日初雪でした)
初冬播きの作業風景

平成18年11月でした。
苫前町でも春播き小麦「春よ恋」と言う品種が、少しずつ増えてきて作物としての将来性を考えた時、北海道内では通常春(4月中旬)に播種作業をする春播き小麦を、前年の根雪前に播種することで品質と収穫量が期待できる新たな栽培技術(初冬播き)が江別市などで確立されていると聞き、道北の下川町で開催された初冬播き研修会に、担当M+生産者数名で参加させて頂いた時でした。
講師でした 北海道手延べの里製麺組合の田畑寿彦氏より頂いた、道内産小麦を使った手延べうどんを一口頂いた瞬間衝撃が走りました!!
今までのうどんのイメージを超越したおいしさにすっかりファンとなり、是非このおいしさを苫前町にも!と思ったのがきっかけでした。

国内最北端の手延べの里「下川町」

下川町での研修会の帰り道の車中は、うどんの話しで大盛り上がり!
何とか自分たちでも、うどんを作れないか!!
の大胆発言も出る程、さらに車中は盛り上がりながら、その日は終わりました。(初冬播きの話もしっかりしましたよ)
いや~昨日の研修会は面白かったなぁなんて思っていたら、小麦生産者のM&N&Oの3人から、
生産者:「うどんの話しはどうなった?」
担当M:「マジですか!」
生産者:「担当Mもやるって・・・」
担当M:「・・・・・」
担当M:「JA辞めて職人になれって事ですか?」
生産者:「お前の作ったうどんは想像できないよ~」
担当M:「それじゃ皆さんが作るって事ですか!」
正直、驚きました。 生産者の3人は冗談じゃなかったのです。
まずは百聞は一見にしかず!

下川町の田畑組合長さんに早速アポを取り、お伺いすることにしました。
現在下川町には8軒の製麺所が操業しているそうで、田畑さんの製麺所をわくわくしながら見せて頂きましたが、殆どの工程が手作業で、気温や湿度を読みながらの微妙な調整技術にビックリ!正に職人技でした。
一同:「これは自分たちには無理」

手延べ製麺作業
手延べ製麺作業
絶妙な職人技でした
絶妙な職人技でした

でも、どうしても…

諦められない私たちは、田畑製麺所さんに苫前産の小麦を使ったうどんを打ってもらいたい、無謀なお願いを快く引受けてくれました。
どうして無謀かと言うと、田畑製麺所さんは製造が追いつけない程忙しい状況だったからです。

何とか苫前産の小麦を使った、オリジナル手延べうどんが現実的になってきて、どうせなら思いっきりこだわってみよう!と、1番は原料の小麦には、苫前町産「春よ恋」を使用することで、強い腰となめらかな舌ざわりが楽しめ、
春よ恋だけでは、腰が強すぎるので道内産「ホクシン」を少々混ぜ、小麦粉は完成!
調味料の塩は、宗谷の海からの100%自然塩「宗谷の塩」、油も滝川産の菜種油を使用し、「全て北海道産食材による、完全な無添加」の原料を、田畑製麺所さんの絶妙な手延べの技術で仕上げました。

袋詰め作業
袋詰め作業
お手伝い頂いた皆さんありがとうございます
お手伝い頂いた皆さんありがとうございます

しかし…

リニューアルした「とままえ潮風うどん」
リニューアルした「とままえ潮風うどん」

念願かなってオリジナル手延べうどんが完成し、ネーミングも「北海うまか麺」と酔った勢いで決めたのは良かったのですが…
ネーミングとパッケージがイマイチとの評価でしたので再度考えることになりました。
新しい名前は、「とままえ潮風うどん」
パッケージもリニューアルし、いよいよ本格販売にチャレンジします!


とままえうどんレシピ

「白いスープうどん」をつくろう!

苫前の食材をたっぷり使った味わい深いレシピです。
※JA苫前町女性部が考案しました。

苫前のホタテ
苫前のエビ

材料

  • とままえ潮風うどん 400g
  • エビ 8尾
  • ホタテ 4個
  • ネギ お好みで適量
  • バター 大さじ1
  • 酒 大さじ2
  • 塩・コショウ 少々
A
  • ゴマ油 小さじ4
  • 砂糖 大さじ2
  • 薄口しょう油 180ml
  • 酒 小さじ4
  • うまみ調味料 少々
  • ラー油 適量
B
  • 牛乳 400ml
  • 水 800ml
  • 鶏がらスープの素 小さじ4

作り方

1.エビ・ホタテを酒にくぐらせ臭みをとり、フライパンでバターを熱して炒め、塩、コショウで味をととのえる。

炒める

2.Aの材料を混ぜ合わせ火にかけ、沸騰したら止める。

材料を混ぜ合わせる

3.Bを火にかけ温めておく。(牛乳をたっぷり入れると美味しいです。)

火にかけて温める

4.鍋いっぱいのお湯を沸かし、潮風うどんを茹でる。(8分位)

うどんをゆでる

5.麺が茹で上がる前に、2の1人前の分量を丼に入れ、3を注ぎ入れてお好みの味に調整。
6.5に麺を入れて、1のエビとホタテ、ネギをのせてできあがり!
※ラー油をちょっと入れると味がまろやかに!!

うどんをゆでる

とままえ産春よこい

強力粉「とままえ産春よ恋」でパンを作ろう!

パンの適性に優れており、もちもち感が楽しめるおいしいパンが焼きあがります。担当M家でのホームベーカリーのちょっとしたコツも!

我が家でも…

苫前産の小麦春よ恋を美味しく食べる方法が無いか色々考えていた時、一番シンプルに味わうのはパンなんだ!と気づかせてくれたのは、うどんで余った小麦粉を使い農家Oさんから頂いた、ホームベーカリーで焼いた食パンでした。食べてみてビックリ!! パンにコクがあり、モチモチした食感からは食べる程に口の中いっぱいにおいしさが広がりました。
早速我が家でも、ホームベーカリーをGETして、ジャムおじさんの様にパン研究に励む、担当Mでした。

ホームベーカリーで、とままえ産「春よ恋」を焼くコツ

とままえ産「春よ恋」強力粉

とままえ産春よこい

なんて格好良いことを言いましたが、どうしても外国産の小麦と比べると、膨らみません。
これは、タンパク質(グルテン)量が、外国産の小麦より少ないためです。そこで、体系がジャムおじさんな担当Mが調べて、何回か焼くうちになんとか子供たちからOKが出るようになりました。
ただし、担当Mはドライイーストでのホームベーカリー専門ですので、手ごねや天然酵母でパンを焼かれる方のお役には立たないかもです。


まずは、水分量です。
ホームベーカリーのレシピでは、外国産麦より水分を減らす様にと書いてあると思いますが、水分を外国産麦と同じくしてみて下さい。
次には、ドライイースト投入のタイミングです。
できるだけ「ねかし」の後半でドライイーストを投入してみて下さい。
ナ○ョナル製であれば、ソフト食パンの設定がありますので、自動的に後半でドライイーストが投入されます。(担当Mもナ○ョナル製にしました)
あとは、ドライイーストの種類や気温によっても多少の違いがありますので、焼きながらっ経験って感じです。
ちなみに、天然酵母ですが「パネトーネマザー」という天然酵母の一種としてありますが、膨らみは良い方でしたよ!

担当M製食パン
担当M製食パン
モチモチ感がいっぱい
モチモチ感がいっぱい

地場産でしたら、生産工程がハッキリしていているので、外国産小麦より安心してお使い頂けると思います。
是非、この機会にホームベーカリーをGETして、とままえ産「春よ恋」を味わってみませんか?
ホームベーカリーがある方も、新しい美味しさに出会いませんか?


ページの先頭へ